離婚の慰謝料でお金を借りる 完済して再婚を目指す

離婚の慰謝料でお金を借りる 完済して再婚を目指す

私は28歳の時に結婚しました。3年半の交際を経てのゴールインでした。

彼女とつきあい始めて半年後には、「結婚」を意識するようになりました。けれど、ネックになったのが私の借金です。

私は父親から、100万円ちょっとの借金をして、少しは返しましたが、その時点でまだ80万円ぐらい残っていたのです。

借金した理由は、離婚。実は私は21歳の時に学生結婚して、1年半で別れました。

そのときにいろいろあって、親からお金を借りるハメになったのです。子どもはまだいませんでいたから、養育費ではありません。別れた前妻との間で話して決めた、いわば慰謝料でした。

その借金が完済されていないのに、親に「再婚する」と言うわけには、とてもいきません。それで、「まず借金をきれいに返して、それから結婚資金を貯めよう」と考えました。彼女とのデート以外はとにかく節約生活に徹し、1年弱で80万円を返済しました。

「やればできる」というわけです。それまでは正直言って、「親に借りた金だから」という甘えが、かなり強くありました。それが「結婚」という目標ができたために、返済に対するモチベーションが高まって、そのため意外に早く完済できたのだと思います。

父も驚いていました。そして、完済した時点に彼女にプロポーズし、両親にも結婚の意志を伝えたのです。

このページの先頭へ