ブラックリストで借りれない彼氏のために10万円キャッシング

ブラックリストで借りれない彼氏のために10万円キャッシング

20代前半に付き合っていた彼氏はお金にだらしない人で、今思えばなんであんな人と付き合ってたんだろうと不思議なのですが、当時はそれでも大好きでした。

彼は一応定職にはついていたのですが、パチンコで浪費したり、自分の車にお金をつぎこんだりしていて、いつも「金がねぇー」と言っていて、食事に行っても私が払ってあげるばかり。

もちろんそれまでにもさんざん借金をしては延滞を繰り返してきたらしく、金融業者のブラックリストに載っているようで、自分の名義では借金もできないみたいでした。

職場の同僚や上司からも数万円単位でお金を借りていて、もうこれ以上は貸してもらえないと言っていました。私も当時は一人暮らしで出費が多く、お給料も安かったので貯金はほとんどなし。

ある日、彼から金を貸してくれと言われても、貸すお金なんて手元にありませんでした。そこで自分の丸井カードでキャッシングをして、10万円を彼に渡してしまいました。私はキャッシングの金利をちゃんとわかっていなくて、借りた後になってひどく後悔しました。

お給料がでるたびにできる限り返済に充てましたが、完済した後も、もう二度とキャッシングはするまいと誓いました。

その後、彼とは別れましたが、とうとう10万円は返ってきませんでした。本当に悔しいし、今でも思い出すと腹が立ちますが、自分の未熟さが招いたことだと反省しています。

あんな男とつきあい続けなくてよかった、勉強代もしくは手切れ金と思うようにしています。

このページの先頭へ